信濃の国際 原始感覚
アーティスト・イン・レジデンス(SP-AIR)

概要

真摯に自然と向きあう時、人は原始の感覚へと還っていく。その時に自ずと生まれ る態度が美であり、その術として美術がある。自然というのは、外に広がる世界だけ ではなく、自らの身体の中に連綿と受け継がれる生命としての自然も含まれる。縄文 時代から受け継がれる生活の中にあたりまえに美のある在り方こそが、本当の豊かさ であり、北アルプスの荘厳な自然に抱かれる信濃の国で滞在制作を行い、その地に暮 らす人と出会うことでしか生まれえない表現を創造することによって地域の“文化” を生み出していく。

滞在条件

ジャンルは問いません。原始感覚を宿し、原始感覚を呼び覚ますもの

渡航費・交通費

国際線航空運賃エコノミークラスと空港から信濃大町までの交通費

作品制作に係る材料費

プランによって決定

滞在費

(日当3000円+滞在費3000円)×滞在日数(宿泊費、食費など生活費)

滞在期間

8月の2週間から1か月間

公募期間

3月15日~4月15日

(公募が行われる場合、信濃の国 原始感覚美術祭の公募作家内から決定されます)

応募方法

メールでの応募または、自由な方法で応募ください

提出物

アクセス

○木崎湖畔へのアクセス
長野県大町市にある仁科三湖の1つ 木崎湖へは信濃大町駅が入口になります。

◊電車:新宿駅 ーJR特急あずさ・約4時間 - 信濃大町駅

◊自動車:安曇野ICー 約20分ー信濃大町駅

◊高速バス:新宿駅ー高速バス・約4時間ー 信濃大町駅

◊信濃大町駅 - 10分 - 稲尾駅 - 5分 - 西丸震哉記念館 - 3分 - 信濃公堂(木崎夏期大学)

2018

文化庁ロゴ

文化庁
平成30年アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業

縄文文化の栄えた信濃の地で、原始感覚をテーマに海外作家を招聘し、太古に存在したグローバル性と現代をつなぐ国際的に発信力をもつネットワークを生み出す。長野市松代の城下町と自然豊かな大町市木崎湖畔という2か所のレジデンスを行うことで、招聘作家は信濃の国の多様性を知り、2地域を繋ぐ文化交流と文化創造を行う。松代藩の城下町として栄えた美しい街並みや、松代大本営などの歴史性を持つ松代と、木崎湖畔の西丸震哉記念館においてレジデンスを行い、土地に根づくような作品制作を行う。

作家に関する情報はこちらからもご覧いただけます